会議で使うパソコンのセキュリティを厳重にするために

会議などで使うパソコンはセキュリティに気を配っておいた方がいいです。
たとえば、会議の後、そのパソコンを家に持ち帰る時もあるという場合、車などに乗せていると窃盗の被害に遭う可能性があります。
もし、盗んだ犯人が中の情報にも興味を示した場合、大事な情報が流出する可能性があります。では、セキュリティを高めるためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、自分以外の誰にも使わせないし、また、誰も使うことがないという場合、BIOSパスワードを設定するという方法があります。

オンリーワンのテレビ会議に関して最新情報を教えます。

BIOSというのは、パソコンが起動する時に最初に動作するソフトです。



OSよりも先に動きます。



なので、BIOSを動かすのにパスワードを入力するように設定すると、パスワードを知らない人はOSすら起動出来ないのです。
なので、会議中に用が出来て、パソコンをシャットダウンして外に出たという場合でも、誰にもコンピューターの中身を見られることがないと言っていいでしょう。ただ、BIOSにパスワードをかけたとしても、ハードディスクを外されて、別のパソコンからデータを読み出されるという可能性はあります。
もし、それすらも防ぎたいという場合は、ハードディスクのデータをすべて暗号化しましょう。


データを暗号化した場合、復号のパスワードを入力しないと正常な形でデータは見られないので、パスワードがよほど簡単でなければ安全だと言えます。
勿論、パスワードを忘れてしまうと大変なことになるので注意しましょう。